不動産の相続で失敗しないために

不動産の相続でトラブルになるのは「ズバリ」ココ!

不動産の相続は、「相続人」にも「被相続人」にとってとても重要な問題です。「相続人の間での争い事を避けるためにも、遺言はきちんと書いておきましょう」など、ネット上に争い事の「事例」はたくさん掲載されています。

ところが、不動産の相続時に起こるトラブルは、相続人同士の争い事だけでなく、様々な問題が隠れていることをご存知でしょうか?

不動産の遺産相続には、隠れたトラブルが潜んでいる?

不動産相続での問題は、次のような内容が多いです。

① 境界線が不明瞭で不動産の分割ができない

② 借地権などの権利関係がどうなっているのかわからない

③ 土地を相続したら、他人の土地の上に家が建っていた

④ 前の相続で相続登記がされていなかった

などのように、相続しても活用するまでに大変な時間と手間がかかってしまうケースがあるのです。

相続前に事前に準備しておきましょう

被相続人は相続前に、土地や建物の権利書(権利関係書類)、境界線、登記情報などを確認しておきましょう。

【例えば】隣の家との境界線は、裏庭の石積みの外側と祖父と隣人で取り決めをしていた。などの約束がされていました。が、境界査定書なども無くはっきりしていなかった。ので、祖父が元気なうちに、境界査定を行い測量しておいた。

これは、以上に大切な問題で、例えば幅10cmの境界の内側と外側では、境界線が40m

の場合約4m2(約1.21坪)面積が変わります。坪単価200万円の土地の場合 242万円となり新車一台分もの違いになってしまうのです。

被相続人が元気な時に出来ること

相続人が決まっている場合は、次の内容を事前に伝えておきましょう

(1)所有する不動産の一覧・・・名寄せ帳など取り寄せておきましょう

(2)権利書や契約書、境界査定書、覚書など

不動産の隠れた問題は相続前に解決しておきまし

不動産の境界の問題や、権利関係の問題は不動産の売却時に発覚することが多いです。また、被相続本人では気づかない問題が隠れている場合が有ります。

不動産に関する問題の調整には、経験と知識が必要です

原田建設不動産では、不動産の取引に関して経験豊富なスタッフがオーナー様のご相談に対応しております。

お気軽にご相談ください。

東京都荒川区東日暮里6丁目60-9
TEL : 03-3805-3332   FAX : 03-3806-2684

不動産の借地を売却したい!

借地権は売却可能なの? 借地権は売却することが出来ます。借地権は誰に売却するかによって売却方法が異なります。 ただし、売却する際には地主の許可が必要です。 売却を検討している場合には、まず地主に相談し、地主の意向を確認し […]

不動産の底地を売却したい

不動産の底地の売却を検討されるのは、多くの場合は相続によって複数の方が、底地の権利を相続された場合に起こるケースが多いです「底地を相続したのだけれど、売却は可能でしょうか?」など 相続人となられる息子さんや娘さんが、相続 […]

任意売却の賢い使い方

任意売却の賢い使い方 住宅ローンの返済が、遅れそうになってしまったら「あなたはどうされますか?」 ① 親や兄弟、奥さんに相談してお金を借りる ② カードローンなどから借りて支払う 住宅ローンの返済が滞ってしまうと、銀行系 […]

共有名義の不動産や共有持分のみを売却する方法は?

共有持分とは? 不動産を複数人で所有する事を「共有持分」と言います。 【例えば】「共働きの夫婦がマンションを購入」した場合に、夫が3000万円(住宅ローン) 奥さんが1000万円(頭金)を出した場合 購入したマンションの […]

補助金で空室対策を行う方法!

住宅セーフティーネット制度 設備や古くて入居者が決まらない賃貸住宅をお持ちのオーナー様、補助制度を利用して賃貸住宅をリフォームしませんか! 住宅セーフティーネット制度とは 低所得者、高齢者、障害者、被災者、子育て世帯等の […]

Copyright © 原田建設不動産 CO.,LTD. All rights reserved.